論文業績

発表論文2013
Kodai Yamane, Tomoki Yagai, Osamu Nishimiya, Rieko Sugawara, Haruna Amano, Toshiaki Fujita, Naoshi Hiramatsu, Takashi Todo, Takahiro Matsubara and Akihiko Hara (2013) Characterization of vitellogenin and its derived yolk proteins in cloudy catshark (Scyliorhinus torazame). Fish Physiology and Biochemistry 39:373-390

Noritaka Hirohashi, Luis Alvarez, Kogiku Shiba, Eiji Fujiwara, Yoko Iwata, Tatsuma Mohri, Kazuo Inaba, Kazuyoshi Chiba, Hiroe Ochi, Claudiu T. Supuran, Nico Kotzur, Yasutaka Kakiuchi, U. Benjamin Kaupp, Shoji A. Baba. Sperm from sneaker male squids exhibit chemotactic swarming to CO2. Current Biology, 23: 775-781, 2013

Watanabe Y, Suzuki T, Tsuno K(2013). Temperature determines growth rates of larval round herring Etrumeus teres in the Pacific coastal waters off southern Japan. Fisheries Science 79, in press.

発表論文2012
Hayakawa J, Kawamura T, Ohashi Satoshi, Ohtsuchi N, Kurogi Hiroaki, Watanabe Y(2012).
Predation by neogastropods on Turbo cornutus juveniles and other small gastropods inhabiting coralline algal turfs. Fisheries Science 78,309-325.

Makoto Okamoto, Hiroyuki Motomura, Koichi Hoshino,Takashi Yanagimoto and Toshiro Saruwatari. 2012
Occurrencee and additional specimens of a Scorpionfish, Idiastion pacificum (Actinopterygii: Scorpaeniformes: Scorpaenidae), from the Central North Pacific. Species Diversity 17:1-5.

Yamane K, Yagai T, Nishimiya O, Sugawara R, Amano H, Fujita T, Hiramatsu N, Todo T, Matsubara T, Hara A. Characterization of vitellogenin and its derived yolk proteins in cloudy catshark (Scyliorhinus torazame). Fish Physiology and Biochemistry, In press

Yamane K, Shirai K, Nagakura Y, Otake T(2012).
Assessing the usefulness of otolith elemental compositions for evaluating the population structure of the Pacific herring Clupea pallasii in northern Japan. Fisheries Science 78:295-307

岩田容子.ヤリイカの繁殖生態に関する研究.日本水産学会誌,78(4): 665-668, 2012

両角健太,南條楠土, 福岡雅史, 河野裕美 (2012)
西表島浦内川のマングローブ域に生息するキバウミニナTerebralia palustrisの産卵生態. 沖縄生物学会誌, 50: 17-30.

渡邊良朗(2012).海の生産力に依存する水産業.Ship&Ocean Newsletter296,4-5

渡邊良朗(2012).イワシ-意外と知らないほんとの姿-.恒星社厚生閣,東京.pp111.

渡邊良朗(2012).ニシン・イワシ類.「最新水産ハンドブック」(島一雄ほか編集),講談社,東京.Pp.159-162

発表論文2011
Azuma N, Seki Y, Kikkawa Y, Nakagawa T, Iwata Y, Sato T, Munehara H, Chiba S. (2011)
Isolation and characterization of 13 polymorphic microsatellites for the Hokkai Shrimp, Pandalus latirostris. Conservation Genetics Resources 3: 529-531.

S. Itoh, T. Saruwatari, H. Nishikawa, I. Yasuda, K. Komatsu, A. Tsuda, T. Setou, and M. Shimizu, (2011)
Environmental variability and growth histories of larval Japanese sardine (Sardinops melanostictus) and Japanese anchovy (Engraulis japonicus) near the frontal area of the Kuroshio. Fisheries Oceanography, 20:114-124.

Iwata, Y., Shaw, P., Fujiwara, E., Shiba, K., Kakiuchi, Y. and Hirohashi, N. (2011)
Why small males have big sperm: dimorphic squid sperm linked to alternative mating behaviours. BMC Evolutionary Biology 11: 236.

Kishida, M., Kanaji, Y., Xie, S., Watanabe, Y., Kawamura T., Masuda, R. and Yamashita, Y. (2011)
Ecomorphological dimorphism of juvenile Trachurus japonicus in Wakasa Bay, Japan. Environmental Biology of Fishes 90: 301-315.

Won, N.-I., Kawamura, T., Takami, H., Hoshikawa, H. and Watanabe, Y. (2011)
Comparison of abalone (Haliotis discus hannai) catches in natural habitats affected by different current systems: implication of climate effects on abalone fishery. Fisheries Research 110: 84-91.

大原一郎、星野浩一、高嶋康晴、小林敬典、斉藤憲治、重信裕弥、猿渡敏郎、米沢純爾(2011)
Site−Specific PCRを用いたハマトビウオ属6種の種判別 DNA多型 Vol.19:110-114

長谷川眞理子、猿渡敏郎(2011)
こんなに違う雌雄の姿 オスとメスの差から性の進化を探るNewton 2012年2月号 86-97.

渡邊良朗 (2011).
自然変動する海洋生物資源の持続的利用. 遺伝 65(4), 12-16.

渡邊良朗 (2011).
地球温暖化と海. 日本水産学会誌 77(2), 275-276.

発表論文2010
Hayakawa, J., Kawamura, T., Ohashi, S., Horii, T. and Watanabe, Y. (2010)
Importance of epiphytic diatoms and fronds of two species of red algae as diets for juvenile Japanese turban snail Turbo cornutus. Journal of Shellfish Research 29: 233-240.

Hironori Tanaka, Toshiro Saruwatari and Takashi Minami(2010)
Larval development of two Artegatis species (Deacapoda, Xanthidae) describerd from laboratory reared material.Crustacean Research 39:11-35. 2011年度日本甲殻類学会 学会賞受賞論文

Iwata, Y., Ito, K. and Sakurai, Y. (2010)
Is commercial harvesting of spawning aggregations sustainable? -The reproductive status of the squid Loligo bleekeri. Fisheries Research 102: 286-290.

Kanaji, Y., Kishida, M., Watanabe, Y., Kawamura T., Xie, S., Yamashita, Y., Sassa, C. and Tsukamoto, Y. (2010)
Variations in otolith patterns, sizes and body morphometrics of jack mackerel Trachurus japonicus juveniles. Journal of Fish Biology 77: 1325-1342.

Kodai Yamane, Kotaro Shirai, Yoshitomo Nagakura, Motohito Yamaguchi, Akio Takita, Takashi Horii, Nobuyuki Tanaka, Sachinobu Yamane, Takaomi Arai, Tsuguo Otake (2010)
Spatial variation in otolith elemental composition of the Pacific herring Clupea pallasii in northern Japan. Aquatic Biology 10: 283-290

Makoto Okamoto, Yoshiro Watanabe and Takashi Asahida (2010)
A Larva of the Skilfish, Erilepis zonifer  (Actinopterygii: Scorpaeniformes: Anoplopomatidae), from off Northeastern Japan. Species Diversity 15, 125-130

Onitsuka, T., Kawamura, T., Ohashi, S., Iwanaga, S., Horii, T. and Watanabe, Y. (2010)
Effects of delayed metamorphosis and delayed post-settlement feeding on post-larval survival and growth of the abalone Haliotis diversicolor. Aquaculture 298: 239-244.

Toshiro Saruwatari(2010)
Debunking an urban legend of the Deep Sea: The Queen of the Abyss and her contribution to Ceratioid Anglerfish bilogy.pp. 128-136. in Uchida, S. ed. Prceedings of an International Symposium. Into the Unknown Researching Mysterious Deep-sea Animals. 2007, Okinawa, Japan. 179pp.

Won, N-I., Kawamura, T., Takami, H. and Watanabe, Y. (2010)
Ontogenetic changes in the feeding habits of an abalone Haliotis discus hannai: field verification by stable isotope analyses. Canadian Journal of Fisheries and Aquatic Sciences 67: 347-356.

Won, N.-I., Kawamura, T., Takami, H. and Watanabe, Y. (2010)
Stable isotope analyses as a tool to examine post-larval diets of Haliotis discus hannai. Journal of Shellfish Research 29: 655-662.

大原一郎、星野浩一、高嶋康晴、小林敬典、斎藤憲治、重信裕弥、猿渡敏郎(2010)
Site-Specific PCRを用いたムロアジ属6種の種判別 DNA多型 Vol.18:98-101

勝川木綿・渡邊良朗(2010).
選択的漁獲による生活史の進化. 水産海洋研究 74, 1-6.

猿渡敏郎(2010)
シラウオ類 p621-623 野生動物保全の事典 朝倉書店

星野浩一、岡本誠、猿渡敏郎、大原一郎、柳本卓(2010)
水産総合研究センターの魚類標本コレクション-DNA研究への活用と課題 DNA多型 Vol.18:131-134

渡邊良朗 (2010).
多獲性浮魚類の漁獲量変動. アクアネット 2010.12, 16-22.

渡邊良朗 (2010).
1970年前後のレジームシフト. 月刊海洋 42, 387-388.

渡邊良朗 (2010).
1970年前後のサンマ資源の変動. 月刊海洋 42, 387-388.

渡邊良朗 (2010).
個体数変動. 「魚類生態学の基礎」(塚本勝巳編). 厚生社恒星閣, 東京, 287-298.

発表論文2009
Chimura, M., Watanabe, Y., Okouchi, H., Shirafuji, N. and Kawamura, T. (2009)
Hatch-period-dependent early growth and survival of Pacific herring Clupea pallasii in Miyako Bay, Japan. Journal of Fish Biology 74: 604-620.

Hayakawa, J., Kawamura, T., Ohashi, S., Horii, T. and Watanabe, Y. (2009)
The settlement cues of an articulated coralline alga Marginisporum crassissima for the Japanese top shell Turbo cornutus. Journal of Shellfish Research 28: 569-575.

Hayakawa, J., Kawamura, T., Ohashi, S., Horii, T. and Watanabe, Y. (2009)
Early life ecology of the top shell, Turbo cornutus, in relation to coralline algal turfs. Proceedings of the 5th World Fisheries Congress, CD-ROM.

Hironori Tanaka, Toshiro Saruwatari & Takashi Minami(2009)
Redescription of the first zoea of Zosimus aeneus (Linnaeus, 1758) (Decapoda, Xanthidae) Crustacean Research, 38:64-69.

Kanaji, Y., Watanabe, Y., Kawamura, T., Xie, S., Yamashita, Y., Sassa, C. and Tsukamoto, Y. (2009)
Multiple cohorts of juvenile jack mackerel Trachurus japonicus in waters along the Tsushima Current. Fisheries Research 95: 139-145.

Nakamura, Y., Shibuno, T., Lecchini, D., Kawamura, T. and Watanabe, Y. (2009)
Spatial variability in habitat associations of pre- and post-settlement stages of coral reef fishes at Ishigaki Island, Japan. Marine Biology 156: 2413-2419.

Nakamura Y, Shibuno T, Lecchini D, Watanabe Y (2009).
Habitat selection by emperor fish larvae. Aquatic Biology 6,61-65.

Okamoto, M., Watanabe, Y. and Asahida, T. (2009)
Descriptive morphology of pelagic juvenile of Lepidion inosimae (Gadiformes: Moridae) collected from off northeastern Japan. Ichthyological Research 56: 76-81.

Onitsuka, T., Kawamura, T., Horii, T. and Watanabe, Y. (2009)
Reproduction and early life ecology of abalone Haliotis diversicolor. Proceedings of the 5th World Fisheries Congress, CD-ROM.

Takahashi M, Watanabe Y, Yatsu A, Nishida H (2009)
Contrasting responses in larval and juvenile growth to a climate-ocean regime shift between anchovy and sardine. Canadian Journal of Fisheries and Aquatic Sciences 66, 972-982.

Watanabe, Y. (2009)
Recruitment variability of small pelagic fish populations in the Kuroshio-Oyashio transition region of the western North Pacific. Journal of Northwest Atlantic Fisheries Science 41: 197-204.

Won, N-I., Kawamura, T., Takami, H. and Watanabe, Y. (2009)
Ecological niches of abalone, Haliotis discus hannai, estimated by stable isotope analyses. Proceedings of the 5th World Fisheries Congress, CD-ROM.

大原一郎、星野浩一、高嶋康晴、小林敬典、難波亜紀、重信裕弥、猿渡敏郎、米沢純爾(2009)
Cytbを利用したハマトビウオ属6種の種判別について DNA多型 Vol.17:121-125

猿渡敏郎(2009)
水族館との共同研究 ―魅力、実績、注意点― p13-34 猿渡敏郎・西源二郎 編著 研究する水族館 ―水槽展示だけではない知的な世界― 東海大学出版会 vi+238pp.

田中宏典、猿渡敏郎(2009)
カニ類幼生研究の実際-スベスベマンジュウガニとアカマンジュウガニの個体発生を例に- p119-134 猿渡敏郎・西源二郎 編著 研究する水族館 ―水槽展示だけではない知的な世界― 東海大学出版会 vi+238pp.

早川 淳・河村知彦・渡邊良朗 (2009)
アワビ類およびサザエ資源の長期変動と大規模気候変動および海藻群落との関係について.水産海洋研究 73: 323-325.

渡邊良朗 (2009).
変動する海の生物資源. 海と生命「海の生命観を求めて」(塚本 勝巳編). 東海大学出版会, 東京.pp. 388-401.

発表論文2008
Hayakawa, J., Kawamura, T., Ohashi, S., Horii, T. and Watanabe, Y. (2008)
Habitat selection of Japanese top shell (Turbo cornutus) on articulated coralline algae; combination of preferences in settlement and post-settlement stage. Journal of Experimental Marine Biology and Ecology 363: 118-123.

Onitsuka, T., Kawamura, T., Horii, T., Takiguchi, N. and Watanabe, Y. (2008)
Survival, growth and recruitment of abalone Haliotis diversicolor in Sagami Bay, Japan. Journal of Shellfish Research 27: 843-855.

Onitsuka, T., Kawamura, T., Ohashi, S., Iwanaga, S., Horii, T. and Watanabe, Y. (2008)
Effects of sediments on larval settlement of abalone Haliotis diversicolor. Journal of Experimental Marine Biology and Ecology 365: 53-58.
 
Takahashi, T., Nishida, H., Yatsu, A. and Watanabe, Y. (2008)
Year-class strength and growth rates after metamorphosis of Japanese sardine Sardinops melanostictus in the western North Pacific Ocean during 1996-2003. Canadian Journal of Fisheries and Aquatic Sciences 65: 1425-1434.

Watanabe, Y., Dingsor, D.E., Tian, Y., Tanaka, I. and Stenseth, N.C. (2008)
Determinants of mean length at age of spring spawning herring off the coast of Hokkaido. Marine Ecology Progress Series 366: 209-217.

Won, N-I., Kawamura, T., Takami, H. and Watanabe, Y. (2008)
Applicability of stable isotope analyses for ecological studies of abalone: estimation of fractionation values and natural diets. Journal of Shellfish Research 27: 871-879.

Yatsu, A., Aydin, K.Y., King, J.R., McFarlane, G.A., Chiba, S., Tadokoro, K., Kaeriyama, M. and Watanabe, Y. (2008)
Elucidating dynamic responses of North Pacific fish populations to climate forcing: Influence of life-history strategy. Progress in Oceanography 77: 252-268.

大原一郎、小林敬典、高嶋康晴、猿渡敏郎、星野浩一(2008)
Cytb部分塩基配列を用いたムロアジ属6種の種判別 DNA多型 Vol.16:149-151

猿渡敏郎(2008)
メヒカリ(アオメエソ属魚類)の仔稚魚 小さな体が明かす大回遊 海洋と生物 30(6):733-739.

猿渡敏郎、星野浩一(2008)
マルアオメエソ Chlorophthalmus borealis Kuronuma and Yamaguchi 1941のホロタイプ(完模式標本)について 海洋と生物 30(6):760-761.

星野浩一 猿渡敏郎 (2008)
DNA研究におけるサンプル誤同定の危険と証拠標本の重要性 DNA多型 Vol.16:145-148

渡邊良朗 (2008)
小型浮魚類の生態と資源量変動. 水産振興 42: 1-48.

発表論文2007
Fukazawa, H., Kawamura, T., Takami, H. and Watanabe, Y. (2007)
Oogenesis and relevant changes in egg quality of abalone Haliotis discus hannai during a single spawning season. Aquaculture 270: 265-275.

Hayakawa, J., Kawamura, T., Horii, T. and Watanabe, Y. (2007)
Settlement of larval top shell, Turbo (Batillus) cornutus, in response to several marine algae. Fisheries Science 73: 371-377.

Hirakawa, N., Suzuki, N., Narimatsu, Y., Saruwatari, T. and Ohno, A. (2007)
The spawning and settlement season of Chlorophthalmus albatrossis along the Pacific coast of Japan. The Raffles Bulletin of Zoology Supplement 14: 167-170.

Satoshi Katayama, Toshiro Saruwatari, Kazuhiko Kimura, Motohito Yamaguchi, Tsuyoshi Sasaki, Mitsuru Torao, Takashi Fujioka and Nozomi Okada(2007)
Variation in migration patterns of pond smelt, Hypomesus nipponensis, in Japan determined by otolith microchemical analysis Bulletin of the Japanese Society of Fisheries Oceanography 71(3): 175-182.

Katayama, S., Saruwatari, T., Kimura, K., Yamaguchi, M., Sasaki, T., Torao, M., Fujioka, T. and Okada, N. (2007)
Variation in migration patterns of pond smelt, Hypomesus nipponensis, in Japan determined by otolith microchemical analysis. Bulletin of the Japanese Society of Fisheries Oceanography 71: 175-182.

Kayama, S., Tanabe, T., Ogura, M., Okuhara, M., Tanaka, S. and Watanabe, Y. (2007)
Validation of daily ring formation in sagittal otoliths of late juvenile skipjack tuna Katsuwonus pelamis. Fisheries Science 73: 958-960.

Lecchini, D., Nakamura, Y., Tsuchiya, M. and Galzin, R. (2007)
Spatiotemporal distribution of nocturnal coral reef fish juveniles in Moorea Island, French Polynesia. Ichthyological Research 54: 18-23.

Nakamura, Y., Kawasaki, H. and Sano, M. (2007)
Experimental analysis of recruitment patterns of coral reef fishes in seagrass beds: Effect of substrate type, shape, and rigidity. Estuarine, Coastal and Shelf Science 71: 559-568.

Okamoto, M., Sato, N., Asahida, T. and Watanabe, Y. (2007)
Pelagic juveniles of two morids (Teleostei: Gadiformes: Moridae), Antimora microlepis and Physiculus japonicus, from the western North Pacific. Species Diversity 12: 17-27.

Onitsuka, T., Kawamura, T., Ohashi, S., Horii, T. and Watanabe, Y. (2007)
Dietary value of benthic diatoms for post-larval abalone Haliotis diversicolor, associated with the feeding transitions. Fisheries Science 73: 295-302.

Onitsuka, T., Kawamura, T., Horii, T., Hamaguchi, M., Ohashi, S., Takiguchi, N. and Watanabe, Y. (2007)
Identification of juvenile abalone Haliotis diversicolor based on the number of open and sealed respiratory pores. Fisheries Science 73: 995-1000.

Onitsuka, T., Kawamura, T., Horii, T., Takiguchi, N., Takami, H. and Watanabe, Y. (2007)
Synchronized spawning of an abalone Haliotis diversicolor, triggered by typhoon events in Sagami Bay, Japan. Marine Ecology Progress Series 351: 129-138.

Shirafuji, N., Watanabe, Y., Takeda, Y. and Kawamura, T. (2007)
Maturation and spawning of Spratelloides gracilis (Clipeidae) in the temperate waters off Cape Shionomisaki, southern Japan. Fisheries Science 73: 623-632.

Watanabe, Y. (2007)
Latitudinal variation in recruitment dynamics of small pelagic fishes in the western North Pacific. Journal of Sea Research 58: 46-58.

Won, N-I., Kawamura, T., Onitsuka, T., Hayakawa, J., Watanabe, S., Horii, T., Takami, H. and Watanabe, Y. (2007)
Trophic structure of benthic community of abalone (Haliotis diversicolor) habitat in Sagami Bay, Japan. Fisheries Science 73: 1123-1136.

Xie, S. and Watanabe, Y. (2007)
Hatch date and early growth and development of Trachurus japonicus immigrating into Sagami Bay, Japan. Marine and Freshwater Research 58: 1048-1055.

大原一郎・村田裕子・小林敬典・高嶋康晴・猿渡敏郎・星野浩一 (2007)
魚種名称ガイドラインに基づくmtDNAチトクロームb部分塩基配列の網羅的決定.DNA多型 15: 189-194.

猿渡敏郎 (2007)
DNAを用いた魚の親子鑑定 DNA多型 Vol.15 360

猿渡敏郎 (2007)
か細い体の秘密を探る シラウオ科魚類の分子系統解析 p133-156 猿渡敏郎 編著 泳ぐDNA 東海大学出版会 vi+296pp.  

猿渡敏郎 (2007)
暗くて冷たい深海の男女関係―雄が雌の体表に寄生するチョウチンアンコウの場合― p175-178 猿渡敏郎 編著 泳ぐDNA 東海大学出版会 vi+296pp.

原 政子 (2007)
ハダカイワシ科2種の精子微細構造.魚類学雑誌・別冊 54: 41-46.

発表論文2006
Akasaki, T., Saruwatari, T., Tomonaga, H., Sato, S. and Watanabe, Y. (2006)
Identification of imported Chirimen at the genus level by a direct sequencing method using mitochondrial partial 16S rDNA region. Fisheries Science 72: 686-692.

Kawasaki, M., Watanabe, Y., Shirafuji, N., Chimura, M., Moku, M., Funaki, O., Saruwatari, T. and Kawamura, T. (2006)
Larval Konosirus punctatus entering the Sagami River mouth. Journal of Fish Biology 68: 1362-1375.

Lecchini, D., Polti, S., Nakamura, Y., Mosconi, P., Tsuchiya, M., Romoissent, G. and Planes, S. (2006)
New perspectives on aquarium fish trade. Fisheries Science 72: 40-47.

Lecchini, D., Nakamura, Y., Grignon, J. and Tsuchiya, M. (2006)
Evidence of density independent mortality in a settling coral reef damselfish Chromis viridis. Ichthyological Research 53: 298-300.

Nakamura, Y., Terashima, H., Chettanand, S., Sato, N.and Ida, H. (2006) Preliminary survey and diet analysis of seagrass bed fishes at Maurituiu, western Indian Ocean. Galaxea 8: 61-69.

Nakamura, Y., Horinouchi, M., Shibuno, T., Kawasaki, H. and Sano, M. (2006)
A comparison of seagrass-fish assemblage structures in open oceanic and coastal bay areas in the Ryukyu Islands, Japan. Proceedings 10th International Coral Reef Symposium 446-452.

Saruwatari, T., Hirakawa, N., Motegi, M., Ohno, A., Masaoka, T. and Cho, N. (2006)
Life history of Tomomehikari, Chlorophthalmus acutifrons, inferred from molecular data. DNA多型 14: 215-221.

Saruwatari, T. and Sakai, T. (2006)
Microstructure of parasitic Ceratioid anglerfish sperm observed using freeze substitution fixation method. Proceedings of the 16th International Microscopy Congress, Biological Sciences 1, 6.

Yatsu A., Aydin KY., King JR., McFarlane GA., Chiba S., Tadokoro K., Maeriyama M., Watanabe Y. (2006).
Mechanisms of fish population dynamics to climatic forcing: Comparative study on selected stocks representing five life-history strategies in the North Pacific. Progress in Oceanography submitted.

佐々木剛・猿渡敏郎・渡邊精一 (2006)
岩手県閉伊川における遡河回遊型ワカサギの回遊履歴.日本水産学会誌 72: 924-926.

発表論文2005
Arai, T., Kotake, A., Kayama, S., Ogura, M. and Watanabe, Y. (2005)
Movements and life history patterns of the skipjack tuna Katsuwonus pelamis in the western Pacific, as revealed by otolith Sr:Ca ratio. Journal of the Marine Biological Association of the United Kingdom 85: 1211-1216.

Fukazawa, H., Takami, H., Kawamura, T. and Watanabe, Y. (2005)
The effect of egg quality on larval period and postlarval survival of an abalone Haliotis discus hannai. Journal of Shellfish Research 24: 1141-1147.

Hatakeyama, R., Shirafuji, N., Nishimura, D., Kawamura, T. and Watanabe, Y. (2005)
Gonadal development in early life stages of Spratelloides gracilis. Fisheries Science 71: 1201-1208.

Moku, M., Hayashi, A., Mori, K. and Watanabe, Y. (2005)
Validation of daily otolith increment formation in larval myctophid fish (Diaphus slender-type spp.). Journal of Fish Biology 67: 1481-1485.

Saruwatari, T., Masaoka, T., Kobayashi, T., Hoshino, K., Hirakawa, N., Ohno, A. and Yamauti, S. (2005)
Species identification of Chlorophthalmus larvae and juveniles using DNA sequence data. DNA Polymorphism 13: 135-139.

Takahashi, M. and Watanabe, Y. (2005)
Effects of temperature and food availability on growth rate of late larval Japanese anchovy, Engraulis japonicus, in the Kuroshio-Oyashio transition region. Fisheries Oceanography 14: 223-235.

Xie, S. and Watanabe, Y. (2005)
Hatch date-dependent differences in early growth and development recorded in the otolith microstructure of Trachurus japonicus (Temminck et Schlegel). Journal of Fish Biology 66: 1720-1734.

Xie, S., Watanabe, Y., Saruwatari, T., Masuda, R., Yamashita, Y., Sassa, C. and Konishi, Y. (2005)
Growth and morphological development of sagittal otoliths of larval and early juvenile Trachurus japonicus (Temminck et Schlegel). Journal of Fish Biology 66: 1704-1719.

小林敬典・猿渡敏郎 (2005)
水産DNA多型データベース構築の試み. DNA多型 13: 299.

発表論文2004
Moku. M., Mori, K. and Watanabe, Y. (2004)
Shrinkage in the body length of myctophid fish (Diaphus slender-type spp.) larvae with various preservatives. Copeia 2004: 647-651.


Onitsuka, T., Kawamura, T., Ohashi, S., Horii, T. and Watanabe Y. (2004)
Morphological changes in the radula of abalone Haliotis diversicolor aquatilis from post-larva to adult. Journal of Shellfish Research 23: 1079-1085.

Takahashi, M. and Watanabe, Y. (2004)
Growth rate dependent recruitment of Japanese anchovy, Engraulis japonicus, in the Kuroshio-Oyashio Transitional waters. Marine Ecology Progress Series: in press.

Takahashi, M. and Watanabe, Y. (2004)
Staging larval and early juvenile Japanese anchovy Engraulis japonicus(Houttuyn) based on the degree of guanine deposition. Journal of Fish Biology: in press.

小林 敬典、正岡哲治、古田正美、塚田修、猿渡敏郎 (2004)
ミトコンドリアDNAからみたタツノオトシゴ類の系統関係.DNA多型 12: 74-78.

猿渡敏郎、正岡哲治、塚田修、古田正美、小林敬典 (2004)
トゲウオ目(硬骨魚綱)の分子系統―科間の類縁関係.DNA多型 12: 64-69.

原 政子 (2004)
ハゼ亜目魚類精子の多様性.魚類学雑誌 50: 1-32.

発表論文2003
Hoi, J., Kim, I., Nagasawa, K. and Saruwatari, T. (2003)
Phylogenetic placement of Retropinnid fishes: Data set Paeonocanthus antarcticensis (Hewitt, 1965): a rare copepod parasite of bathypelagic fish, Bathylagus antarcticus Gunther, from the Antarctic Ocean. Zoological Science 20: 1315-1321.

Oozeki, Y., Watanabe, Y., Kurita, Y., Nakata, K. and Kitagawa, D. (2003)
Growth rate variability of Pacific saury Cololabis saira larvae in the Kuroshio. Fisheries Oceanography 12: 419-424.

Sasaki, T., Saruwatari, T. and Watanabe, S. (2003)
Spawning Ecology of Anadromous Wakasagi, Hypomesus nipponensis inhabiting the Hei River in Iwate, Japan. Suisanzoshoku 51: 141-1.

Watanabe, Y., Kurita, Y., Noto, M., Oozeki, Y., and Kitagawa D. (2003)
Growth and survival processes of Pacific saury Cololabis saira in the Kuroshio-Oyashio transitional waters. Journal of Oceanography 59: 403-414.

小林敬典・正岡哲治・塚田 修・古田正美・猿渡敏郎 (2003)
ミトコンドリア遺伝子からみたトゲウオ目魚類の系統関係.DNA多型 11: 85-90.

原 政子 (2003)
イカナゴ配偶子の微細構造と機能的特性.魚類学雑誌 50: 35-45.3-257.

発表論文2002
Saruwatari, T., Oohara, I. and Kobayashi, T. (2002)
Salangid Fishes: Their past, present and future. Fisheries Science 68(supplement 1): 71-74.

Takahashi, M. and Watanabe, Y. (2002)
Effects of larval growth on recruitment probalbilities in Japanese anchovy, Engraulis japonicus. Fisheries Science 68 (supplement 1): 222-225.

Watanabe, S. and Watanabe, Y. (2002)
Relationship between male size and newborn size in the seaweed pipefish, Syngnathus schlegeli. Environmental Biology of Fishes 65: 319-325.

Watanabe, S., Takahashi, M., Watanabe, Y. (2002)
Fluctuating asymmetry in the otoliths as an index of the growth rate of the Japanese anchovy, Engraulis japonicus. Fisheries Science 68 (supplement 1): 234-237.

Watanabe, Y. (2002)
Resurgence and decline of the Japanese sardine population. In Concepts in Fishery Science: The Unique Contribution of Early Life Stages (eds. Fuiman, L.A. and Werner, R.G.). Blackwell Science, London. pp. 243-257.

Waters, J.M., Saruwatari, T., Kobayashi, T., Oohara, I., McDowall, R.M. and Wallis, G.P. (2002)
Phylogenetic placement of Retropinnid fishes: Data set incongruence can be reduced by using asymmetric character state transformation costs. Systematic Biology 51: 432-449.

小林敬典・正岡哲治・塚田 修・古田正美・猿渡敏郎 (2002)
ミトコンドリア16SrRNAの塩基配列分析から見たタツノオトシゴ類の系統関係.DNA多型 10: 93-96.

齋藤暢宏・蔵田泰治・杢 雅利 (2002)
本州沖太平洋から採集された中・深層漂泳性等脚類オナシグソクムシ属(甲殻上綱・等脚目・オナシグソクムシ科)について.日本プランクトン学会報 49: 88-94.

佐々木剛・猿渡敏郎・渡邊精一 (2002)
岩手県沿岸に生息するイトヨの生活史.水産増殖 50: 117-118.

原 政子・ 三谷 勇 (2002)
キンメダイ卵膜の微細構造.魚類学雑誌 50: 141-146.

渡邊良朗・河村知彦・杢 雅利・白藤徳夫・千村昌之・村上恵美・鬼塚年弘・川崎将義・鈴木龍生 (2002)
海の資源変動のしくみ−個体数変動様式の南北差の生物学−.月刊海洋 号外No. 29: 152-160.

発表論文2001
Takahashi, M., Watanabe, Y., Kinoshita, T. and Watanabe, C. (2001)
Growth of larval and juvenile Japanese anchovy, Engraulis japonicus, in the Kuroshio-Oyashio transition region. Fisheries Oceanography 10: 235-247.

Tsukamoto, Y., Zenitani, H., Kimura, R., Watanabe, Y. and Oozeki, Y. (2001)
Vertical distribution of fish larvae in the Kuroshio and Kuroshio-Oyashio transition regions in early summer. Bulletin of the National Research Institute of Fisheries Science

Watanabe, S. and Watanabe, Y. (2001)
Brooding season, sex ratio, and brood pouch development in the seaweed pipefish, Syngnathus schlegeli,in Otsuchi Bay, Japan. Ichthyological Research 48: 155-160.

Watanabe, Y., Shirahuji, N. and Chimura, M.. (2001)
Latitudinal difference in recruitment dynamics of clupeid fishes ?variable to the north, stable to the south ?. In Herring: Expectations for a new millennium (eds. Funk, F., Blackburn, J., Hay, D., Paul, A.J., Stephenson, R., Toresen, R. and Witherell, D.), University of Alaska Sea Grant, AK-SG-01-04, Fairbanks. pp. 521-533.

猿渡敏郎・Pietsch, T.W.・Shedlock, A.・大原一郎・板谷和彦・千代谷京・安部真之・石原 憲・堺 敦生・菅原顕人・稲垣正・石田健一・小松輝久・酒井俊男・小林敬典 (2001)
ミツクリエナガチョウチンアンコウ(Cryptopsaras couesi, Ceratiidae, Teleost)のメスと寄生オス間の同胞鑑定.DNA多型 9: 82-85.


 受 賞

岩田容子,平成24年度日本農学進歩賞, 公益財団法人農学会, 2012年11月, 受賞表題「ヤリイカ類の繁殖生態に関する研究」

岩田容子,平成23年度水産学奨励賞, 日本水産学会, 2012年3月, 受賞表題「ヤリイカ類の繁殖生態に関する研究」

猿渡敏郎, 2011年 日本甲殻類学会 学会賞(論文賞) 受賞 平成23年(2011年)10月
受賞論文
Hironori Tanaka, Toshiro Saruwatari and Takashi Minami 2010
Larval development of two Artegatis species (Deacapoda, Xanthidae) describerd from laboratory reared material.
Crustacean Research 39:11-35.

猿渡敏郎, 水産海洋学会(第11回)論文賞 受賞 平成21年(2009年)4月
受賞論文
Satoshi Katayama, Toshiro Saruwatari, Kazuhiko Kimura, Motohito Yamaguchi, Tsuyoshi Sasaki, Mitsuru Torao, Takashi Fujioka and Nozomi Okada 2007
Variation in migration patterns of pond smelt, Hypomesus nipponensis, in Japan determined by otolith microchemical analysis
Bulletin of the Japanese Society of Fisheries Oceanography 71(3): 175-182.

猿渡敏郎, 日本DNA多型学会 第七回優秀研究賞 受賞 平成17年(2005年)11月
受賞研究 「トモメヒカリの生活史 塩基配列が明かすその概略」
関連論文
Toshiro Saruwatari, Naoto Hirakawa, Masato Motegi, Akira Ohno,Tetsuji Masaoka, Naritoshi Cho 2006
Life history of Tomomehikari, Chlorophthalmus acutifrons, inferred from molecular data.
DNA多型Vol.14 215-221.

 学会発表

口頭発表2013
西宮攻・國弘康之・山根広大・平松尚志・東藤孝・原彰彦(2013)
卵生脊椎動物におけるビテロジェニン分子の成立と進化の解明.
生命情報科学若手の会 第4回研究会, 愛知.

山根広大(2013)
宮古湾におけるニシン・イワシ類3種シラスの出現.
親潮系冷水域におけるカタクチイワシの資源生態学ワークショップ,千葉.

口頭発表2012
Iwata Y. Reproductive investment in response to postcopulatory sexual selection in two squid species" International Workshop of Cephalopods and Other Marine Organisms. Japan, 17 October, 2012

Kai Zhang, Yoshiro Watanabe, Hiroshi Kubota, Atsushi Kawabata and Tomohiko Kawamura [Growth and survival of juvenile Japanese anchovy Engraulis japonicas in the Kuroshio-Oyashio transitional regions in 2010, PICES-2012, FIS-P-8694, October 12-21, 2012, Hiroshima, Japan 
猿渡敏郎(2012) 水族館の魅力:研究と啓発活動 招待講演 日本水圏環境教育研究会第一回記念大会 2012年03月25日

猿渡敏郎、岩田惠理、藤井千春、倉石信(2012) 駿河湾におけるアオメエソの生態―体長、体重、生殖線指数の月別変化 2012年度日本魚類学会年会 水産大学校 2012年9月21-24日

猿渡敏郎、小藤一弥(2012) 涸沼ニシン:忘れられ、無視された 絶滅危惧地域個体群 水産海洋学会50周年記念大会 2012年

丹野和暉、金古宏太郎、岩田恵理、猿渡敏郎、藤井千春、倉石信 (2012) 駿河湾におけるメヒカリの繁殖生理 平成25年度日本水産学会春季大会 東京水産大学 2012年3月26-30日

猿渡敏郎 (2012) 招待講演 魚類多様性の極み チョウチンアンコウの繁殖生態 生物科 特別講義 成蹊高校 2012年5月22日

猿渡敏郎 (2012) 招待講演 メヒカリの生態 この10年で分かったこと 特別講演会 延岡市漁業協同組合 2012年6月28日

猿渡敏郎 (2012) 招待講演 メヒカリの謎に迫る サイエンスライブショー ユニバース 科学技術館(竹橋)2012年7月21日

猿渡敏郎 (2012) 招待講演 DNAが明かす魚類の生活史 DNA多型学会第21回学術集会・公開シンポジウム「DNAが明かす生き物の謎」京都教育文化センター 2012年11月7日

山根広大・長倉義智・河村知彦・渡邊良朗(2012)
宮古湾におけるニシン仔稚魚の孵化日と成長―地震・津波前後での比較―.
平成24年度北海道ブロック水産業関係研究開発推進会,ニシン資源研究会,北海道.

山根広大・長倉義智・河村知彦・渡邊良朗(2012)
宮古湾におけるニシン仔稚魚の孵化日と成長―地震・津波前後での比較―.
水産海洋学会創立50周年記念大会,東京.

武邑沙友里・白藤徳夫・山根広大・堀井貴司・河村知彦・渡邊良朗(2012)
ニシンの産卵親魚および卵仔魚のサイズの海域間比較.
水産海洋学会創立50周年記念大会,東京.

山根広大・長倉義智・野田勉・藤浪祐一郎・青野英明・渡邊良朗(2012)
震災後の宮古湾におけるニシン稚魚の成育.平成24年度日本水産学会春季大会,東京.

口頭発表2011
猿渡敏郎、小藤一弥、増子勝男(2011) 博物館所蔵標本が明かす、絶滅の恐れのある地域個体群「涸沼ニシン」の生態 平成23年度日本水産学会春季大会 東京海洋大学 2011年3月27-31日

猿渡敏郎、小藤一弥、増子勝男(2011) 忘れられた、絶滅の危機に瀕する地域個体群「涸沼ニシン」-現存する情報のレビュー 2011年日本魚類学会年会 弘前大学 2011年9月29日―10月2日

猿渡敏郎、小藤一弥、増子勝男(2011) 絶滅しそうなのに忘れられている地域個体群 「涸沼ニシン」 東京大学 大気海洋研究所共同利用シンポジウム 「生物多様性と水族館 研究・展示・啓発活動」 東京大学 大気海洋研究所 2011年12月12-13日

田中宏典、猿渡敏郎(2011) 飼育下(水槽内)におけるマンジュウガニ類二種の抱卵行動について 東京大学 大気海洋研究所共同利用シンポジウム 「生物多様性と水族館 研究・展示・啓発活動」 東京大学 大気海洋研究所 2011年12月12-13日

張ガイ・渡邊良朗・河村知彦・久保田洋・川端淳
「夏季の東北沖合におけるカタクチイワシ当歳魚の生態」
平成23年度日本水産学会春季大会、607生態、東京、2011年3月、口頭発表

張ガイ・川端淳・久保田洋・河村知彦・渡邊良朗
「夏季の東北沖合におけるカタクチイワシ当歳魚の生態」
2011年度水産海洋学会研究発表大会、No. 49, 函館、2011年11月、口頭発表

山根広大(2011)
耳石微量元素組成に基づいたニシンの系群判別の試みと今後の課題.
平成23年度北海道ブロック水産業関係研究開発推進会 ニシン研究会,北海道.

山根広大(2011)
耳石微量元素組成に基づいたニシンの系群判別の試みと今後の課題.
平成23年度北海道ブロック水産業関係研究開発推進会 ニシン研究会,北海道.

口頭発表2010
Toshiro Saruwatari 2010 Are males vampires?? A unique reproductive system in the deep sea. International Symposium on Isotope Ecology 2010 in Kyoto CO-OP INN KYOTO November 1-3、2010.

Toshiro Saruwatari, 2010 The Most Unique Reproductive System in the Abyss. Reproductive System of Ceratioid Anglerfishes Trench Connection: International Symposium on the Deepest Environment on Earth Atmosphere and Ocean Research Institute, The University of Tokyo, 10-13 November 2010

岩田容子・藤原英史・垣内康孝・柴小菊・馬場昭次・Paul Shaw・広橋教貴.
ヤリイカ精子の受精戦略1. 日本動物学会、2010年9月23-25日

大原一郎、星野浩一、高嶋康晴、小林敬典、斉藤憲治、重信裕弥、猿渡敏郎、米沢純爾 (2010) Site−Specific PCRを用いたハマトビウオ属6種の種判別 日本DNA多型学会第18回学術集会 2010年11月19日

猿渡敏郎(2010) チョウチンアンコウ類の繁殖様式 寄生後の矮小雄の生態 東京大学 大気海洋研究所共同利用シンポジウム 「水生生物の性的二型 適応と進化」 東京大学 大気海洋研究所 2010年10月19日

猿渡敏郎(2010) 招待講演 メスに寄生するオス、チョウチンアンコウのユニークな性とは? 中高校生のための深海展 日本財団ビル 2010年11月13日

猿渡敏郎(2010) 招待講演 涸沼は魚のゆりかご クリーンアップひぬまネットワーク 第10回環境フォーラム いこいの村涸沼 2010年11月26日

猿渡敏郎(2010) 招待講演 水族館との連携:研究と啓発活動 平成22年度自然史学会連合講演会 岩手県立博物館 2010年11月28日

田中宏典、猿渡敏郎 (2010) ホシマンジュウガニAtergatis integerrimus (Lamarck, 1818) の幼生の発生過程について 日本甲殻類学会第48回大会 琉球大学千原キャンパス 2010年11月13-14日

藤井千春・山内信弥・猿渡敏郎 (2010) 飼育下におけるマルアオメエソの発光観察 2010 年度日本魚類学会年会  三重県文化会館 2010年9月25日

松崎浩二、藤井芳、猿渡敏郎 (2010) クレイゼル水槽を使用したシシャモ(Spirinchus lanceolatus )仔稚魚の育成 日本水産増殖学会第9回大会 唐津市民会館 2010年10月30日

口頭発表2009
Hironori Tanaka, Toshiro Saruwatari 2009 Ovipositional behaviour of two xanthid crabs, Atergatis integerrimus (Lamarck, 1801) and A. subdentatus De Haan, 1833 (Decapoda, Brachyura, Xanthidae) in captivity. The Crustacean Society Summer Meeting. Tokyo University of Marine Science and Technology, Tokyo, September 20-23, 2009.

Hironori Tanaka, Toshiro Saruwatari, Takashi Minami 2009 Larval development of Atergatis integerrimus (Lamarck, 1801) (Decapoda, Brachyura, Xanthidae) described from laboratory-reared material. The Crustacean Society Summer Meeting. Tokyo University of Marine Science and Technology, Tokyo, September 20-23, 2009.

大原一郎・星野浩一・高嶋康晴・小林敬典・斉藤憲治・重信裕弥・猿渡敏郎(2009) Site−Specific PCRを用いたムロアジ属6種の種判別 日本DNA多型学会第18回学術集会 久留米大学医学部 2009年11月19-20日

猿渡敏郎 (2009) アオメエソの分類・個体発生および生活史 招待講演 西海区水産研究所 標本管理室お披露目式 ミニシンポジウム 西海区水産研究所 2009年1月21日 

猿渡敏郎・山本聡(2009) サケ目に見られる異時性-サケ科の特異性 東京大学海洋研究所 共同利用シンポジウム「水生生物の異時性に関する研究。現状の把握と今後の展望。」 東京大学海洋研究所 2009年11月10日

猿渡敏郎(2009) 招待講演 水族館と研究機関の連携・共同研究について いわて海洋資源活用釜石・大船渡地域ワークショップ 「地域科学館と研究機関の連携」大船渡市 カメリアホール 2009年12月17日

田中宏典・猿渡敏郎・南卓志(2009) マンジュウガニ類の個体発生の比較 東京大学海洋研究所 共同利用シンポジウム「水生生物の異時性に関する研究。現状の把握と今後の展望。」 東京大学海洋研究所 2009年11月9日

星野浩一・岡本 誠・猿渡敏郎・大原一郎・柳本卓(2009) 水産総合研究センターの魚類標本コレクション−DNA研究への活用と課題 日本DNA多型学会第18回学術集会 久留米大学医学部 2009年11月19-20日

口頭発表2008
Toshiro Saruwatari 2008 Shedding light on the urban legend of the abyss. Are male Ceratioid Anglerfishes really parasites? Commemoration of the 130th Anniversary of the National Museum of Nature and Science. International symposium on systematic and diversity of fishes. National Museum of Nature and Scinece, Tokyo, March 3-4, 2008.

猿渡敏郎(2008)アオメエソ(メヒカリ)研究・7年の歩み 第17回浅海増殖研究会 2008年1月18日

猿渡敏郎(2008) ミツクリエナガチョウチンアンコウの繁殖機構 魚類分類研究会 国立科学博物館 新宿分館 2008年4月16日

猿渡敏郎(2008) チョウチンアンコウの繁殖生態。ここ数年の成果 第15回信州魚類研究会 信州大学農学部付属アルプス圏フィールド科学教育研究センター野辺山ステーション場 2008年8月3日

猿渡敏郎(2008) 招待講演 鮟鱇鍋にならないアンコウの話〜チョウチンアンコウ〜 第3回めひかりサミット アンコウを調べ(たべ)尽せ ふくしま海洋科学館 2008年3月8日

猿渡敏郎(2008) 招待講演 閉川大学校 水圏環境学習会 講師 宮古市 なあど 2008年9月7日

星野浩一、猿渡敏郎(2008) DNA研究における誤同定の排除と証拠標本の意義 平成 20年度日本水産学会春季大会 東海大学海洋学部 2008年3月28日

口頭発表2007
Toshiro Saruwatari 2007 Reproductive biology of Ceratioid Anglerfishes. What became clear so far An International Symposium Into the unknown, Researching Mysterious Deep-Sea Animals Okinawa Churaumi Aquarium, February 23-25, 2007 Invited presentation.

大原一郎、小林敬典、星野浩一、猿渡敏郎、高嶋康晴 2007 Cytb部分塩基配列を用いたムロアジ属6種の種判別 第16回日本DNA多型学会学術集会 大阪産業創造館 2007年11月15-16日

猿渡敏郎(2007)招待講演 究極の雑魚「めひかり」めひかりサミット ふくしま海洋科学館主催 小名浜公民館 2007年3月4日

猿渡敏郎(2007)招待講演 「ここまで判った深海魚チョウチンアンコウの生態」サイエンスライブショー ユニバース 科学技術館(竹橋)2007年3月24日

猿渡敏郎(2007)招待講演 「魚は世界に何種類?」サイエンスライブショー ユニバース 科学技術館(竹橋)2007年12月22日

猿渡敏郎、渡辺正晴、小藤一弥 2007 汽水湖における仔稚魚の滞留機構解明に向けた、簡便な自記式GPS漂流ブイの開発―予報 平成19年度日本水産学会春季大会 東京海洋大学 2007年3月27−31日

猿渡敏郎、渡辺正晴、小藤一弥 2007 簡便なGPS漂流ブイ、カッパブイの開発 汽水湖涸沼の水の動きを把握する試み 平成19(2007)年度GORI研究会 東京大学海洋研究所 2007年6月16-17日

猿渡敏郎、渡辺正晴、小藤一弥 2007 汽水湖涸沼の水の動きを探る −簡便なGPS漂流ブイの開発  日本陸水学会第72回大会 茨城大学 2007年9月11日

猿渡敏郎 2007 水族館との共同研究 お作法と期待 東京大学共同利用シンポジウム 「環境問題と水族館 その現状、課題、そして将来展望」  東京大学海洋研究所 2007年12月6,7日

田中宏典・猿渡敏郎・南卓志 2007 ヘリトリマンジュウガニ Atergatis reticulates De Haan, 1835 の幼生 日本甲殻類学会 第45回大会 東京海洋大学 2007年10月13日

星野浩一、猿渡敏郎 2007 DNA研究におけるサンプル誤同定の危険と証拠標本の重要性 第16回日本DNA多型学会学術集会 大阪産業創造館 2007年11月15-16日

口頭発表2006
Toshiro Saruwatari, Toshio Sakai 2006 Microstructure of parasitic Ceratioid anglerfish sperm observed using freeze substitution fixation method. 16th International Microscopy Congress Sapporo Convention Center, September 3-8, 2006

大原一郎、村田裕子、小林敬典、高嶋康晴、猿渡敏郎、星野浩一 2006 魚種名称ガイドラインに基づくmtDNAチトクロームb部分塩基配列の網羅的決定 第15回日本DNA多型学会学術集会   広島県民文化センターふくやま  2006年11月16-17日

猿渡敏郎 2006 チョウチンアンコウの生態 ここ数年の研究成果の紹介 2006年度日本水産海洋学会研究発表大会 水産総合研究センター中央水産研究所 2006年11月26日

猿渡敏郎、平川直人、星野浩一、山内信弥、正岡哲治、小林敬典(2006) アオメエソ属魚類(メヒカリ類)をモデルとした、小型底魚類の初期生態の解明。海學問 白鳳丸・淡青丸研究成果発表会 日本科学未来館 平成18年9月8日

 猿渡敏郎(2006) 招待講演 DNAを用いた魚類の親子鑑定 農林水産省委託プロジェクト研究 公開シンポジウム 農林水産生物のDNA鑑定の現状と展望 あなたはその表示をどこまで信じられますか? 広島県民文化センターふくやま  2006年11月15日

猿渡敏郎 2006 DNAを用いた魚類の親子鑑定 招待講演 農林水産省委託プロジェクト研究 公開シンポジウム 農林水産生物のDNA鑑定の現状と展望 あなたはその表示をどこまで信じられますか? 広島県民文化センターふくやま  2006年11月15日

平川直人・猿渡敏郎・山内信弥・鈴木直樹・茂木正人 2006 アオメエソ属魚類の成熟 2005(平成18)年度日本水産学会大会 平成18年4月  高知大学

口頭発表2005
Koji Matsuzaki, Toshiro Saruwatari 2005 Larval ontogeny of Lophiid Anglerfish, Lophius litulon, based on larvae reared for 71 days after hatching from egg mass from the wild. The 7th Indo-Pacific Fish Conference. Howard International House, Taipei, Taiwan. May 16-20, 2005. Invited presentation.

Naoto Hirakawa, Naoki Suzuki, Yoji Narimatsu, Toshiro Saruwatari, Akira Ohno 2005 The spawning and settlement season of Chlorophthalmus albatrossis along the Pacific coast of Japan The 7th Indo-Pacific Fish Conference. Howard International House, Taipei, Taiwan. May 16-20, 2005. Invited presentation.

Toshiro Saruwatari, 2005 The fate of parasitic male Ceratioid Anglerfishes. What happens after finding a permanent mate. The 7th Indo-Pacific Fish Conference. Howard International House, Taipei, Taiwan. May 16-20, 2005. Invited presentation.

Toshiro Saruwatari, Tetsuji Masaoka,Takanori Kobayashi, Koichi Hoshino, Naoto Hirakawa, Akira Ohno, Shinya Yamauti 2005 Larvae of Chlorophthalmus albatrossis, what they tell us about its own biology. The 7th Indo-Pacific Fish Conference. Howard International House, Taipei, Taiwan. May 16-20, 2005. Invited presentation.

Toshiro Saruwatari, Koichi Hoshino, Takahashi Yanagimoto 2005 A preliminary study on the bottom fishes of the Emperor Sea Mount Chain. The 7th Indo-Pacific Fish Conference. Howard International House, Taipei, Taiwan. May 16-20, 2005. Invited presentation.

小林敬典、大原一郎、正岡哲治、猿渡敏郎 2005 水産生物を対象としたDNA多型データベースの構築 第14回日本DNA多型学会学術集会 群馬会館 平成17年11月24,25日

佐々木剛・猿渡敏郎 2005 中等教育における環境教育と水族館 東京大学海洋研究所共同利用シンポジウム 「水生生物研究機関としての水族館。その研究資源活用の可能性」 東京大学海洋研究所 平成17年12月6日

猿渡敏郎(2005) アユとその近縁分類群の系統 平成16年度アユ資源研究部会研究報告会 助言者講演 東京大学海洋研究所講堂 平成17年2月17日

猿渡敏郎(2005) 招待講演 メヒカリの子どもはどんな顔? めひかりサミット ふくしま海洋科学館主催 いわき市いわき・ら・ら・ミュウ 平成17年3月12日

猿渡敏郎(2005) 招待講演 ソーシャルキャピタルとフィールド研究 平成17年度東京大学講演会 御所池ふれあいセンター(岩手県大槌町)平成17年8月15日

猿渡敏郎、星野浩一、柳本卓 2005 天皇海山産底魚類の多様性に関する研究―予報 2005(平成17)年度日本水産学会大会 東京海洋大学 平成17年4月2日

猿渡敏郎、平川直人、茂木正人、大野淳、正岡哲治、張成年 2005 トモメヒカリの生活史 塩基配列が明かすその概略 第14回日本DNA多型学会学術集会 群馬会館 平成17年11月24,25日 日本DNA多型学会第七回優秀研究賞 受賞発表

猿渡敏郎・正岡哲治・小林敬典 2005 水族館へのラブコール!トゲウオ目の系統発生 東京大学海洋研究所共同利用シンポジウム 「水生生物研究機関としての水族館。その研究資源活用の可能性」 東京大学海洋研究所 平成17年12月6日

田中宏典・芝 洋二郎・猿渡敏郎 2005 マンジュウガニ属の発育史 東京大学海洋研究所共同利用シンポジウム 「水生生物研究機関としての水族館。その研究資源活用の可能性」 東京大学海洋研究所 平成17年12月6日

口頭発表2004
赤崎 哲也、猿渡敏郎、渡邊良朗、佐藤宗衛 2004 DNA塩基配列を指標としたちりめんじゃこの原料魚種推定 第13回日本DNA多型学会学術集会シンポジウム DNAが語る水生生物の進化 ー発生、系統、生態― 横浜市金沢産業振興センター 平成16年12月1日

小林敬典、猿渡敏郎 2004 水産DNA多型データベース構築の試み 第13回日本DNA多型学会学術集会ミニシンポジウム 横浜市金沢産業振興センター 平成16年12月4日

佐々木剛、猿渡敏郎、渡邊精一 2004 岩手県閉伊川における産卵遡上ワカサギの生物学的パラメーターと環境要因の関係 2004年度日本魚類学会年会 琉球大学理学部 平成16年9月26日

猿渡敏郎、山本 聡 2004 シナノユキマス仔稚魚の発育史が語るサケ科Alevin期の進化過程。  平成16年度日本水産学会大会 鹿児島大学 平成16年4月4日

猿渡敏郎 2004 雌に寄生した雄のチョウチンアンコウは,果たして雌から栄養分を受け取っているのだろうか??? 2004年度日本魚類学会年会 琉球大学理学部 平成16年9月25日

猿渡敏郎、小林敬典 2004 シラウオ科魚類に見られる異時性とその適応的意義 第13回日本DNA多型学会学術集会シンポジウム DNAが語る水生生物の進化 ー発生、系統、生態― 横浜市金沢産業振興センター 平成16年12月1日

猿渡敏郎、正岡哲治、小林敬典、星野浩一、平川直人、大野 淳、山内信弥、2004 DNA塩基配列データ比較によるアオメエソ属魚類仔稚魚の種判別 第13回日本DNA多型学会学術集会 横浜市金沢産業振興センター 平成16年12月3日

猿渡敏郎(2004)招待講演 シシャモの海洋生活期に関する研究。その課題と展望。平成15年度 以西太平洋海域におけるシシャモ資源調査報告会 鵡川漁村センター 平成16年2月12日

田中宏典、芝洋二郎、猿渡敏郎 2004 オウギガニ科Zosiminae 2種のゾエア幼生 2004年度日本甲殻類学会大会 東京海洋大学 平成16年11月14日

松崎浩二、山野邉、猿渡敏郎 2004 野外より得られた卵塊をもとに、孵化後71日間飼育した、キアンコウLophius litulon仔魚の発育。 2004年度日本魚類学会年会 琉球大学理学部 平成16年9月26日 (台風21号の影響で発表せず)

口頭発表2003
工藤 智、春日井潔、飯岡孝一、吉澤 裕、猿渡敏郎 2003 北海道鵡川沿岸におけるししゃも仔稚魚の初期生活 平成 15 年度日本水産学会北海道支部例会 釧路市観光国際交流センター 平成15年11月28日

小林 敬典、正岡哲治、古田正美、塚田修、猿渡敏郎 2003 ミトコンドリアDNAからみたタツノオトシゴ類の系統関係 日本DNA多型学会第12回学術集会 日本大学会館 平成15年12月28日

佐々木剛、猿渡敏郎、渡邊精一 2003 岩手県閉伊川に生息する遡河回遊型ワカサギの生活史 2003年度日本魚類学会年会 京都大学農学部 平成15年10月11日 

佐々木剛、猿渡敏郎、渡邊精一 2003 閉伊川河口域に出現する遡河回遊型ワカサギ仔魚 第9回ワカサギに学ぶ会 道庁赤レンガ庁舎 平成15年3月11日

佐々木剛、猿渡敏郎、渡邊精一 2003 岩手県閉伊川に生息する遡河回遊型ワカサギの生活史 第10回「ワカサギに学ぶ会」 古牧第四グランドホテル 平成15年12月18日

猿渡敏郎、小林敬典、正岡哲治、川崎将義、鈴木龍生、杢雅利、河村知彦、渡邊良朗 2003 淡青丸KT01-6次航海において採集されたアオメエソ属魚類仔稚魚の形態並びに種判別 平成15年度日本水産学会大会 東京水産大学 平成15年4月2日

猿渡敏郎 2003 オスがメスの体表へと寄生するチョウチンアンコウ亜目魚類の寄生様式 平成15年度日本水産学会大会 東京水産大学 平成15年4月2日

猿渡敏郎 2003 アオメエソ属魚類仔稚魚の形態並びに種の同定 魚類分類研究会 国立科学博物館 百人町分館 平成15年6月18日

猿渡敏郎、山本 聡 2003 サケ科魚類中特異なシナノユキマスの発育史。 第10回信州魚類研究会 信州大学農学部付属アルプス圏フィールド科学教育研究センター野辺山ステーション 平成15年8月30日

猿渡敏郎、正岡哲治、小林敬典、星野浩一、平川直人、山内信弥、成松庸二、大野淳 2003 マルアオメエソ(Chlorophthalmus borealis)はアオメエソ(C. albatrossis)の新参異名。 2003年度日本魚類学会年会 京都大学農学部 平成15年10月11日 

猿渡敏郎、正岡哲治、古田正美、塚田修、小林 敬典 2003 トゲウオ目(硬骨魚綱)の分子系統―科間の類縁関係。 日本DNA多型学会第12回学術集会 日本大学会館 平成15年12月28日

猿渡敏郎、正岡哲治、小林敬典、星野浩一、平川直人、山内信弥、成松庸二、大野淳 2003 アオメエソ(通称メヒカリ)の生活史 その点と線 2003年度水産海洋学会研究発表大会 フォレスト仙台 平成15年12月6日

猿渡敏郎(2003)アオメエソ仔稚魚の形態と種の同定 アクアマリンふくしま メヒカリ情報交換会 ふくしま海洋科学館 平成15年5月21日

  謝松光、渡邊良朗、猿渡敏郎、佐々千由紀、小西芳信、2004 Morphological development of sagittal otolith of jack mackerel (Trachurus japonicus) in larval and early juvenile stages.(マアジ仔稚魚期における扁平石の形態発育) 平成16年度日本水産学会大会 鹿児島大学 平成16年4月4日

田中宏典・芝 洋二郎・猿渡敏郎 2003 アカマンジュウガニAtergatis subdentatus De Haan, 1833 の幼生 第41回日本甲殻類学会 琉球大学西原キャンパス 2003年11月22日

平川直人、鈴木直樹、成松庸二、猿渡敏郎、大野淳 2004 北太平洋岸海域へのアオメエソの加入 平成16年度日本水産学会大会 鹿児島大学 平成16年4月3日

口頭発表2002
小林 敬典、正岡哲治、古田正美、塚田修、猿渡敏郎 2002 ミトコンドリア遺伝子からみたトゲウオ目魚類の系統関係 日本DNA多型学会第11回学術集会 旭川医科大学 平成14年10月17日

佐々木剛、猿渡敏郎、渡邊精一 2002 閉伊川河口域に出現する遡河回遊型ワカサギ仔魚 平成14年度日本魚類学会年会 信州大学理学部 平成14年10月13日

猿渡敏郎、小林敬典 2002 薩南海域と東シナ海において採集されたアオメエソ属仔稚魚 平成14年度日本魚類学会年会 信州大学理学部 平成14年10月13日

猿渡敏郎(2002)お魚ってなんだろう 母と子の勉強教室 練馬区立中村西小学校 平成14年2月16日

猿渡敏郎(2002)招待講演 魚のすみかとしての涸沼 クリーンアップ涸沼ネットワーク総会 涸沼の水質浄化啓発講演会 茨城町中央公民館 平成14年5月15日

益子剛、根本隆夫、林崎健一、猿渡敏郎、井田斎 2002 霞ヶ浦における陸封型アユの食性 2002(平成14)年度日本水産学会大会 近畿大学 平成14年4月2日

口頭発表2001
Toshiro Saruwatari, Ichiro Oohara and Takanori Kobayashi 2001
Salangid Fishes: Their past, present and future
International Commemorative Symposium 70th Anniversary of Japanese Society of Fisheries Science. Pacifico Yokohama. October 2, 2001 Invited presentation

小林敬典、正岡哲治、古田正美、猿渡敏郎 2001 ミトコンドリアDNAからみたタツノオトシゴ類の系統関係 日本DNA多型学会第10回学術集会

佐々木剛、猿渡敏郎、渡邊精一 2001 岩手県閉伊川に生息する遡河回遊型ワカサギの耳石による年齢査定の可能性 2001年日本魚類学会大会 鹿児島大学 平成13年10月6日

佐々木剛、猿渡敏郎、渡邊精一 2001 岩手県閉伊川に生息する遡河回遊型ワカサギの耳石による年齢査定 第8回ワカサギに学ぶ会 霞ヶ浦町農村環境改善センター 平成13年11月21日

猿渡敏郎、田中宏典、金高卓二、小藤一弥、渡邊良朗 2001 汽水湖涸沼におけるアユの初期生活史ー出現時期・水系内分布・流下生態ー 平成13年度日本水産学会春季大会 日本大学 平成13年4月2日

猿渡敏郎、酒井俊男 2001 中深層性魚類への凍結置換固定法の応用 より良い電顕像を求めて 2001年日本魚類学会大会 鹿児島大学 平成13年10月6日

皆川昇、猿渡敏郎 2001 川を遡って海から餌がやってくるー遡河回遊型サケ科魚類の死骸と水生昆虫の奇妙な関係 東京大学海洋研究所共同利用シンポジウム 森と海の相互作用  東京大学海洋研究所 平成12年10月4日

〒277-8564 千葉県柏市柏の葉 5-1-5
TEL 04-7136-66260 (内線 66260)

c 東京大学 大気海洋研究所 海洋生物資源部門 資源生態分野 All Right Reserved.