研究室の日常

【調査】研究材料となる標本は、自らの手で調査を組んで採集に行きます。船に乗って網を曳き、魚類を採集をしたり、機材を背負って潜水調査をすることもあります。 例えば、小型甲殻類の採集調査の場合、以下のような作業を行います。

調査地まで行く→機材の準備→船でポイントへ→潜水→エアリフト(水中掃除機のような装置)を用いて小型の生物を砂ごとを採集→陸に上がり、サンプルの必要部分と不要部分を分ける(ソーティング)→サンプル瓶に入れてエタノールにより保存する

このようにして得たサンプルを実験室に持ち帰り測定・計数します。
フィールドに赴いてのサンプリングは肉体的にはハードですが、最も楽しく充実している瞬間の一つです。

【測定】研究テーマによって方法はそれぞれですが、実験を行ったり、調査によって得られた標本を測定するなどしてデータを得ます。
例えば、カタクチイワシの生態研究では以下のような作業を行います。

カタクチイワシの体長・体重の測定 → 耳石の抽出 → スライドグラスに樹脂で固定 → 光学顕微鏡と解析ソフトで輪紋を計数

このような過程を経て得られたデータを元に、仔魚の分布密度や体長組成、成長履歴などを算出します。他にも、水槽を組み合わせて作った装置を用いて飼育実験を行っている人や外部の研究施設にある大型水槽を用いた飼育観察を行っている人もいます。

【デスクワーク】調査・実験以外の時間は、デスクに向かっています。主な作業には以下のようなものがあります。

【既往研究の整理】無数にある関連分野の論文を、検索し、通読し、必要ならば熟読し、後に引用できるように整理します。一つの論文を読むと、読むべき論文がいくつも増加するため、終りがありません。

【データの整理】調査・実験で得たデータをExcelなどに打ち込み、グラフを作成して視覚化するなどして検討します。

【ゼミの準備】慣れないうちは準備に1週間以上かかることもあります。表現を試行錯誤する時間は、苦しさを伴いますが研究をこれから行なっていく上で必要不可欠な訓練です。

【論文の執筆】修士課程の終盤や原著論文を書くネタがある学生は、歯を食いしばって論文を書きます。いつからスラスラと書けるようになる日が来ることを夢見ながら......

【ゼミ】資源生態分野のゼミは、毎週木曜日10時半から行われます。主な内容は、論文紹介、研究計画発表、学会発表の練習です。論文紹介では、英文の論文を「自分が著者になったつもりで」発表します。発表者は、実験設定や調査場所の根拠や考察の曖昧な点などを質問された時には、明確に説明できなくてはいけません。そのため、論文を深く読み込むことが必要です。しかし、論文を完璧に理解することは決して簡単なことではありません。何となくわかった気になることと深く理解することの間には大きな差があるのです。 

他にもゼミで発表する機会は、研究計画発表(進度報告)や学会発表の練習などが、年に3,4回あります。データを整理して筋の通ったストーリーにするのは容易なことではなく、何度も練習しなければ出来るようになりません。ゼミ発表の準備は大きな労力を必要としますが、苦労した分だけ見返りも大きく、修士論文執筆の際にはゼミで受けた様々な指摘が何度も頭を過ぎりました。

【昼食事情】大気海洋研究所の1Fには「魚っ子倶楽部はま」があり、700円前後で寿司やアナゴ丼が食べられます。500円の1コインランチもあります。少し足を伸ばすと生協食堂があり、1 gあたり1.2円の量り売りビュッフェや、日替わり定食、ラーメン、カレー、ハヤシライスなどがあります。昼食は「はま」か「生協食堂」か弁当で済ませることがほとんどです。

時折、裏のうどん屋やパスタ屋に足を伸ばし、極めて稀ですが、モスバーガーやサイゼリアに遠征することもあります。締切に追われて切羽詰まってくるとカップラーメンや冷凍焼きおにぎりに依存する度合いが高まります。

【スポーツ】昼休みになると、大気海洋研究所前フットサルコートでフットサルをしています。資源生態分野からも何人か参戦しています。

コートはやや狭いものの、1時間も動くとそれなりの運動量になります。基本的にはフットサルですが、広いコートが取れた時や対外試合を行うときなどは11人制のサッカーをすることもあります。

写真は2010年度年忘れサッカーの時のものです。惜しくも我が研究室からはMVPが選出されませんでした。来年こそは!

【コーヒータイム】午後3時になると、研究室の片隅でコーヒータイムが開催されます。話題は、研究に関することから趣味の話題まで多岐に渡っています。

「最近話題になった事柄」
クマゼミ/サンカノゴイ/マイマイカブリ/ショアジギング/通学・通勤事情/熊研/キノボリトカゲ/幸せの青いバラ/倹約/13年ゼミ/17年ゼミ/ジョジョ立ち/100万ドルの夜景/古道具/レインボークラブ/ハチ公の死因/ヤマショウビン/中国文化/オオセンチコガネ/イカール星人/温泉付きの住宅/宮沢賢治/ペリー館/大連の鶴/みんな大好き実験失敗のエピソード/タイの危険生物/ハンミョウ/北千住の安居酒屋情報/幻の魚/ハタンポ/高級プリン/幻の魚/


〒277-8564 千葉県柏市柏の葉 5-1-5
TEL 04-7136-66260 (内線 66260)

c 東京大学 大気海洋研究所 海洋生物資源部門 資源生態分野 All Right Reserved.